MySQL関数リファレンス

度をラジアンに変換する (RADIANS)

スポンサードリンク
書式
RADIANS( 数値 )

RADIANS関数を使用することで、度数法の角度を弧度法のラジアン(弧度)に変換することができます。
COS関数、SIN関数、TAN関数では引数をラジアンで指定する必要があるため、その際の変換に使用することができます。
逆にラジアンを角度に変換する場合はDEGREES関数を使用します。

【参考】
1ラジアン = 360 / ( 2 * π )
1度 = ( 2 * π ) / 360

例1(1度をラジアンに変換)
mysql> SELECT RADIANS( 1 ), ( 2 * PI( ) ) / 360;
+-------------------+---------------------+
| RADIANS( 1 )      | ( 2 * PI( ) ) / 360 |
+-------------------+---------------------+
| 0.017453292519943 |          0.01745329 |
+-------------------+---------------------+
1 row in set (0.00 sec)
例2(360度をラジアンに変換)
mysql> SELECT RADIANS( 360 ), ( 2 * PI() );
+-----------------+--------------+
| RADIANS( 360 )  | ( 2 * PI() ) |
+-----------------+--------------+
| 6.2831853071796 |     6.283185 |
+-----------------+--------------+
1 row in set (0.00 sec)

引数に文字を指定した場合は0として扱われます。

例3(引数に文字を指定した場合)
mysql> SELECT RADIANS( 'a' ), RADIANS( 0 );
+----------------+--------------+
| RADIANS( 'a' ) | RADIANS( 0 ) |
+----------------+--------------+
|              0 |            0 |
+----------------+--------------+
1 row in set (0.01 sec)

引数にNULLを指定した場合はNULLが返されます。

例4(引数にNULLを指定した場合)
mysql> SELECT RADIANS( NULL );
+-----------------+
| RADIANS( NULL ) |
+-----------------+
|            NULL |
+-----------------+
1 row in set (0.03 sec)
スポンサードリンク
Rではじまる MySQL の関数 / 数値を扱う関数

数値を扱う関数

絶対値を求める (ABS)
剰余を求める (MOD)
小数点以下を切り下げる (FLOOR)
小数点以下を切り上げる (CEILING)
小数点以下を切り上げる (CEIL)
小数点以下を四捨五入する (ROUND)
対数を求める (LOG)
2を底とした対数を求める (LOG2)
10を底とした対数を求める (LOG10)
累乗(べき乗)を求める (POW)
累乗(べき乗)を求める (POWER)
符号を調べる (SIGN)
平方根を求める (SQRT)
円周率を求める (PI)
乱数を生成する (RAND)
最小値を調べる (LEAST)
最大値を調べる (GREATEST)
ラジアンを度に変換する (DEGREES)
度をラジアンに変換する (RADIANS)
小数点第N位で切り捨てる (TRUNCATE)
数値を整形する (FORMAT)
スポンサードリンク

Rではじまる MySQL の関数

RADIANS 度をラジアンに変換する
RAND 乱数を生成する
REPEAT 任意の文字列を任意の数だけ生成する
REVERSE 文字列を反転させる
RIGHT 文字列の右側から文字列を取り出す
ROUND 小数点以下を四捨五入する
RPAD 特定の文字を右端に追加して文字列の長さを整える
RTRIM 文字列の右側から半角スペースを削除する